4.1.3 原始関数

参考資料: 1