4.2.2 例題:べき関数の積分法

参考資料: 1