3.6.1 直線電流がつくる磁場

09:43
厳密に言えば,アンペールの法則(簡易ver.)から直ちに出せるのは,磁場ベクトルの円に対する接線方向成分H_tが式(3.5.1)で表されるという事実だけです.
その他の成分がゼロである(すなわち,磁場ベクトルが常に接線方向を向いている)ことを証明するには,§3.5で学習した磁場の湧き出しなしの法則と,次回(3.6.2)学習するアンペールの法則(改良版)が必要です.
詳しくは,次々回の「(脚注)直線電流がつくる磁場に関する補足」で解説いたします.

参考資料:なし