2-4 慣性の法則(1)

00:01
難易度:★★☆☆☆

試験:★★★★☆

本質度:★★★★★

タイプ:初学者,受験生,中級以上

知識:加速度の変換則(前回)

チェック:(☆)の内容(いわゆる「慣性の法則」),慣性系



概要:高校で習う「慣性の法則」についての説明と,その問題点の指摘.また,古典力学のあらゆる法則を理解する上で重要な「慣性系」という概念を分かりやすく導入し,本当の「慣性の法則」へ向かう足場を築く.

もちろん全て噛み砕いて説明しているので,「高校の教科書に載ってる説明すら分からない」という人でも大丈夫.



※力の定義もしてないのに「力」という言葉を使っていいのか? と思った人がいるかもしれない.

しかし「力が働いていない」という状況は,動画内でやったように「だだっ広い宇宙空間で他の全ての物体の影響を受けない」状況と言い換えれば「力」を使わずに表現できるので問題ないのである!
動画内で「高校で教わる慣性の法則は嘘だ」みたいな言い方をしましたが,これはちょっと微妙な話で,ちゃんとした物理の先生が書いた本でも(☆)を「慣性の法則」と書いてあったりします.要は言葉の使い方の問題で,「これを慣性の法則と呼んではいけない!」という決まりがあるわけではないのです.ただ,「現代的な見地から言えば,むしろこっち(次回の内容)を慣性の法則って呼んだ方がいいんじゃね?」と主張する人達がいて,僕はそちらの言葉づかいを採用した,ということだと思ってください.

参考資料:なし